新時代冷暖システム Z空調

maker.png

Z空調(ゼックウチョウ)は建物の断熱・気密を「ヒノキヤグループ」、空調を「ダイキン」、換気を「協立エアテック」と各社が持つ高い技術のコラボレーションにより実現した「新時代冷暖システム」です。

  • slide
  • slide
  • slide
  • 温度を快適にコントロール。

    温度を快適にコントロール。

     

    一年中、どこにいても快適な温度。

    家族みんなに優しい快適温度でストレスフリーな生活を実現

  • slide
  • フロアごとで温度設定可能

    フロアごとで温度設定可能

  • 夏は頭上から涼しく

    夏は頭上から涼しく

    夏はルーバーを通常位置で使用し、風が天井伝いに流れるようにします。 頭上からの風が部屋全体を涼しくします。

  • 冬は足元から温める

    冬は足元から温める

    冬はルーバーを一番手前まで引出し、垂直に風を流します。これにより、空気の流れをつくり足元からくる冷えを防ぎます。

  • 冬、怖いヒートショックのリスクを回避

    冬、怖いヒートショックのリスクを回避

  • 夏の睡眠不足や熱中症リスク軽減

    夏の睡眠不足や熱中症リスク軽減

  • 高気密・高断熱+計画換気+除湿で結露を抑える

    高気密・高断熱+計画換気+除湿で結露を抑える

    Z空調は見えない所までしっかり除湿。結露を防いで家族の健康を守ります。

  • Z空調はカビの原因となる結露を防ぐ

    Z空調はカビの原因となる結露を防ぐ

  • 導入費用も月々の電気代も驚きの低コスト。

    導入費用も月々の電気代も驚きの低コスト。

  • 高気密・高断熱の「Wバリア工法」

    高気密・高断熱の「Wバリア工法」

  • 24時間換気システム「ココチE」

    24時間換気システム「ココチE」

  • 天井埋込型エアコン

    天井埋込型エアコン


地震に強い頑強構造

「安心して永く住み継がれる家」のために、強さと耐久性を兼ね備えた工法を確立しています。
家は消耗品ではなく資産であるとの思いから、基礎から土台・柱・梁、外壁や屋根まで家全体が永く良好な状態で保たれるための工夫と、維持・メンテナンスのしやすさも考慮した家づくりを行っています。

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

構造用集成材

強度のバラつきが少なく、寸法安定性に優れた構造用集成材を使用。

集成材は、ひき板や小角材等を材料として、大筋、割れ、腐れ、反り、狂いや含水率のばらつきを取り除き、その繊維方向を平行にそろえて、厚さ、幅及び長さの方向に集成接着をした木材です。その構造基準は日本農林規格(JAS)で決められているので、高強度で耐火性・耐久性・断熱性に優れた均一な性能が安定して得やすいことで特徴です。木材の長所をそのまま生かし、美しく、しかも丈夫な優れた製品として生まれたものが集成材です。


剛床工法

水平剛性を飛躍的に向上させ、大空間にも耐える強度の剛床工法。

24mmの構造用合板を直接梁に留め、柱・梁と床面を一体化させる「剛床工法」を採用しています。「剛床工法」は水平剛性を高め、地震や台風時に受ける床面の“横揺れ”や“ねじれ”を抑える効果があります。 また、上棟時に2階(3階)の床面となる構造用合板を先行して敷き詰め、足場をつくってから上階の柱を建てていくため、作業時の安全性と作業性が高められます。


ベタ基礎

建物の荷重を面で受け、 安定性に優れたベタ基礎を採用。

ベタ基礎
ベタ基礎

基礎は建物を支える上で大変重要な部位です。通常は1階の壁の下だけに基礎を配置する「布基礎」と呼ばれる工法が一般的ですが、 桧家住宅では建物下全ての部分を基礎(耐圧版)にする「ベタ基礎」を採用しています。「ベタ基礎」にすることで地面と基礎の接地面積を広くし建物の荷重を分散して構造を安定させます。 更にベースの厚みを150mmと厚くすることで耐圧版自身の強度を上げ不同沈下を抑制します。

防湿フィルムを基礎の下全面に敷き込む

防湿フィルムを基礎の下全面に敷き込む

地中の湿気を床下に入れないようベース(耐圧版)の下全面に防湿フィルムを敷き込みます。防湿フィルムをコンクリートで覆うことにより完全に湿気をシャットアウトします。

気密パッキン&防湿シート

気密パッキン&防湿シート

土台と基礎の間の隙間を塞ぐ目的で外周部には気密パッキンの付いた防湿シートを、内部の立ち上がり部分はコンクリートの湿気が直接土台に触れぬよう防湿シートをそれぞれ敷き込みます。

鉄筋配筋について

鉄筋配筋について

基礎の立上り部分の主筋には直径13mmの異形鉄筋を採用。また、ベース(耐圧版)部分は200mm間隔で格子状に配筋、太く細かく配筋することで使用する鉄筋量を増やし強固な構造を創り出します。

鋼製束

鋼製束

基礎のベース部分と大引きの固定を確実なものにするために強度の高い鋼製束を使用しています。シロアリや腐朽菌に侵されにくい防錆加工がされています。

地盤調査

建てた後の安心・安全を守るため地盤調査を全棟実施

どんなに基礎や建物が頑丈につくられていても、それらを支える地盤が安定していなければ不同沈下等が起こり、最悪の場合、基礎が割れたり家が傾いたりする恐れがあります。 その為、桧家住宅ではお客様の土地がどのような状態にあるのかを判断するために全棟地盤調査を実施しています。調査の結果、必要な場合は地盤改良等のご提案をいたします。

基礎構造を3次元にとらえ力のかかる部分を解析

すべての物件で専用ソフトを用いて、構造躯体(柱梁・耐力壁・基礎梁等)と壁(外壁・間仕切り壁等)や屋根の形状、その他各種計算条件から基礎構造解析を実施しています。
その解析に基づき設計された基礎は構造の強さに加え、一棟ごと最適な構造バランスとなります。基礎空間を排気経路として活用する「Z空調(ゼックウチョウ)」や24時間換気システムの「ココチE(イー)」はこの精度の高い設計により、さらに効率的な空調・換気が可能です。


防蟻対策

大切な住まいを腐朽菌やシロアリから守ります。人と環境にやさしい処理剤で住まいの耐久性を向上させます。

シロアリは主に床下や玄関まわりから住宅に入り込んできます。シロアリによる食害は日本全国どこにでも起こる可能性があります。通常見えない家の構造部分がシロアリによって食害されると、木材の強度が劇的に落ち込みます。桧家住宅では土台・大引に防蟻材を加圧注入した木材を使用しています。また柱、間柱、筋かい等のうち地面から近い部分は表面に防蟻材を塗布し、住宅の外周基礎面より20cmの範囲には土壌処理を行いシロアリの侵入を防ぎます。加圧注入材・塗布防蟻・土壌処理に使用する防蟻材は住む人に配慮し有害な化学物質を含まない安全が保障されたものを使用しています。

全棟品質検査実施

自社及び第三者期機関の2重の検査で安心の住まいを実現

品質検査項目137項目以上(基礎・構造躯体・防水・防火等)専用のチェックリストを作成し、徹底した検査を実施しています。